毛の色について

MENU

毛の色について

毛

毛の色はメラニンという色素によって決まります。このメラニンという色素は毛母細胞という細胞で作られています。

メラニン色素は皮膚の色や髪の毛の色、瞳の色を決める色素といわれています。
メラニン色素は毛母にあるメラノサイトで作られますが、メラニンの成分はアミノ酸であるロシチンやシステインが原料であるといわれています。
人の毛は個々に違いがありますがその毛色違いはメラニンをどれだけ含んでいるかによって決まります。メラニンには2種類ありニューメラニンとフェオメラニンがあります。ニューメラニンは黒色、フェオメラニンは黄赤色の成分をつかさどっており、その比率の違いによって金髪、褐色、黒髪、赤毛にわけられます。
金髪、褐色、黒髪にはニューメラニンが多く含まれており、赤髪にはフェオメラニンが多く含まれているといわれています。
白髪は毛母細胞にあるメラノサイトの機能低下によるものとメラノサイトの欠陥によるものがあるといわれています。メラノサイトの機能低下の原因には老化、遺伝、ストレスによるものと言われておりメラノサイトでのメラニンの生産低下により白髪になるといわれています。メラノサイトの欠損の原因としては病気や薬の副作用によるものがあります。白髪にどうしてなるのかという理由はこの二つ以外にはまだはっきりとは解明されていません。
ひざ下の脱毛を考えるうえで人それぞれの毛質や毛色の違いがある理由を理解しておくことも大切なのではないのでしょうか。